ダントンさんのブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 前原外相:日朝対話に意欲 実務者協議を推進へ

<<   作成日時 : 2010/12/29 12:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前原外相:日朝対話に意欲 実務者協議を推進へ

前原誠司外相=外務省で2010年9月29日、塩入正夫撮影 前原誠司外相は28日、毎日新聞のインタビューに答え、過去2年間滞ってきた北朝鮮との公式対話について「国交がなくても、しっかりと2国間で、懸案事項について自らが話をするということが大事だ」と述べ、日本人拉致問題や国交正常化を議題にした直接対話の再開に強い意欲を示した。「見えない形ではいろんな交渉は継続的に行われている」と、現在も北朝鮮とは水面下で接触を重ねていることを明かしたうえで、来年は実務者による公式協議を推進したいとの意向を明らかにした。

 日朝政府間対話は拉致問題再調査で合意した08年8月の実務者協議以来途絶え、その後も北朝鮮が核実験やミサイル発射、韓国の哨戒艦沈没事件や延坪島(ヨンピョンド)砲撃を起こしたことで対話の機運が失われてきた。【西岡省二】



http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101229k0000m010108000c.html

ダントンです。この時期にこのコメントは気になります。
やはり水面下の交渉は続けているいるようですね。
観測気球的な発言や北朝鮮にボールを投げた発言が
米朝の対話や六カ国協議を意識した前原外相の
発言かわかりませんがダントンの見方としては
政権の支持率が下がると必ず北朝鮮問題で
政権浮揚を図るのが永田町の流れのようで
北朝鮮に首相特使を派遣しようとします。

安部政権の時は井上秘書官
麻生政権の時は某総理経験者です。

今回も支持率低下にあえぐに
菅総理の政権浮揚の方策に感じます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前原外相:日朝対話に意欲 実務者協議を推進へ ダントンさんのブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる