ダントンさんのブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 被害者の生存前提に交渉を=中井拉致担当相インタビュー

<<   作成日時 : 2010/08/07 17:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

被害者の生存前提に交渉を=中井拉致担当相インタビュー


 中井洽拉致問題担当相は7日までに、都内で時事通信のインタビューに応じ、北朝鮮による拉致問題について、金賢姫元北朝鮮工作員招致の成果や今後の課題を語った。主な内容は次の通り。
 −元工作員招致の成果は。「VIP待遇」との批判も出たが。
 拉致被害者の横田めぐみさん、田口八重子さんのご家族らがじっくりと話を聞けた。超国賓級の扱いで報じたのはマスコミで、その結果、拉致問題に久方ぶりに関心が寄せられ、国民に人道上の問題として改めて認識していただいた。また、問題に日韓共同で取り組む姿勢を国際社会に示すことができた。
 −元工作員から新しい情報を得られたのか。
 「横田さんと田口さんは生きている」との発言を引き出せた。面会したご家族の皆さんは非常に満足していた。
 −生存情報は確証のある話か。
 僕は捜査員じゃなく招待者だ。本人に根掘り葉掘り聞くなんてことはしない。ただ、発言は確信的な内容だ。具体的には言えないが、いろいろな状況から考えて、うそとは考えにくい。
 −招致を今後にどうつなげるか。
 従来の対北朝鮮交渉は、向こうが拉致被害者について「死亡した」と主張し、骨などを出してきて、こちらは「偽物だ。証拠を出せ」という流れだった。今後は「いや違います。生きてます。早く返してください」と交渉できると思う。
 −政府の拉致対策本部も北朝鮮との交渉に関与していく考えか。
 分からない。普段から「仲良くしましょう」という相手ではない。(出方に応じて)いつでも動けるようにする。(2010/08/07-14:26)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010080700176

ダントンです。中井大臣のインタビューですが大臣
も何を言いたいのかよくわからない
インタビューです。特に金賢姫元北朝鮮工作員招致に対しては
「面会したご家族の皆さんは非常に満足していた」
と言っています。

拉致被害者家族が満足したからあのようなVIP待遇や
特定失踪者家族との面会をさせなかったり、
記者会見も行わないのが肯定されるというの
全く理解できません。今回の招致に対しては野党
や世論だけでなく支援団体や長年、北朝鮮の人権問題に
取り組んできた有識者からも批判や疑問が出ています。
さらに拉致被害者家族の発言を盾にするなんて
全く理解できない対応です。
今回のインタビューからも金賢姫元北朝鮮工作員招致が
政治的なパフォーマンスで有ったことはわかります。

ダントンは拉致被害者家族は金賢姫元北朝鮮工作員と
会えてうれしかったのかもしれませんが本当に
嬉しいの拉致被害者である自分の家族が帰国することです。
ただのガス抜きや政治的なパフォーマンスで納得しては
いけないと思いますし、世論は今回の招致問題を
冷やかな目で見ていると思います。その点を理解して
被害者団体も支援団体も政府もこの問題に解決を
目指していかないといけないと思います。



拉致と核と餓死の国北朝鮮
楽天ブックス
商品副データ文春新書萩原遼文藝春秋この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年03月登録情報サ

楽天市場 by 拉致と核と餓死の国北朝鮮 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】エッセイ・随筆 ≪エッセイ・随筆≫ 真相 北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかに
ネットショップ駿河屋 楽天市場店
発売日 2004/07/17 定価 1,500円 メーカー 飛鳥新社 型番 - JAN 978487

楽天市場 by 【中古】エッセイ・随筆 ≪エッセイ・随筆≫ 真相 北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかに の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
被害者の生存前提に交渉を=中井拉致担当相インタビュー ダントンさんのブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる