ダントンさんのブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日・中・朝の水面下の接触

<<   作成日時 : 2010/10/01 15:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

中国漁船・尖閣領海内接触:駐朝中国大使が中旬に極秘来日 民主執行部と会談


 北朝鮮に駐在する中国の劉洪才大使(55)が今月中旬、極秘裏に来日し、民主党執行部のメンバーらと会談していたことが分かった。複数の日中関係者が毎日新聞に明らかにした。沖縄県・尖閣諸島沖での漁船衝突事件をめぐって意見交換したとみられる。劉大使は中国訪問中の細野豪志前幹事長代理と関係が深いとされる。劉大使は今月12〜15日に来日した模様。【西岡省二】



http://mainichi.jp/select/world/news/20100930ddm002040079000c.html

駐北中国大使が極秘訪日 民主執行部と調整
2010年9月30日 07時07分

 【北京=安藤淳】中国の劉洪才駐北朝鮮大使が今月中旬、極秘に訪日し、民主党執行部と会談していたことが二十九日分かった。複数の日中関係者が明らかにした。沖縄県・尖閣諸島沖の漁船衝突事件に絡んで、日中関係について意見交換したとみられる。

 民主党の細野豪志前幹事長代理が同日、中国・北京を訪問しており、劉大使と党執行部との事前調整を土台に、中国要人と接触しているもようだ。

 日中関係者によると劉大使は今月十二〜十五日の日程で来日していた。細野氏と親しい関係にあるという。外交筋は劉大使の訪日について「アジア周辺国の中国大使が集まる大使会議のため」としていた。

 漁船衝突事件は七日に発生。中国政府は十二日まで五回にわたり丹羽宇一郎・駐中国大使を呼び出し、漁船、漁民の解放を要求。日本政府は十三日に船長を除く漁船乗組員を帰国させている。

 劉大使が平壌に駐在しており、北朝鮮事情に通じることから、日中関係のほか、北朝鮮の核問題や日朝関係についても意見交換した可能性がある。

 劉大使は一九八九年から約三年間、在日本の中国大使館に勤務した。日本の与野党に太いパイプを持つ知日派で知られる。二〇〇三年六月に中国共産党対外連絡部副部長に就任後、今年三月に駐北朝鮮大使に就任した。日本人拉致問題にも通じている。

(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010093090070715.html

ダントンです。昨日の記事ですがこの劉洪才駐北朝鮮大使は
日本の民主党に太いパイプを持つ人物で昨年の
小沢一郎元幹事長の大訪中団の中国側の事務局を
担当した人物で日本側は細野元幹事長代理です。
その意味で尖閣問題の軟着陸点を交渉の為の訪日だと
いう指摘も出ています。しかし、劉洪才駐北朝鮮大使
は記事の通り、北朝鮮最高指導部との太いパイプもあります。
(中国共産党対外連絡部副部長は党の外交政策を担当している部局です)
一部では北朝鮮最高指導部から日本政府への意思表示があったのでは
という観測がありました。まあ北朝鮮は最高指導部は代表者会議で
これどころではないですね。
ただ日中関係だけでなく日朝関係でも意見交換行われたのでは
ないかと思います。六か国協議再開への
話や日朝交渉再開へも現状では難しいですが
今後、様々な局面が出てくると思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日・中・朝の水面下の接触 ダントンさんのブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる