ダントンさんのブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎日新聞の検証記事(金賢姫元死刑囚、新事実語らず 待望一転、進まぬ「拉致」)

<<   作成日時 : 2010/07/31 14:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

クローズアップ2010:金賢姫元死刑囚、新事実語らず 待望一転、進まぬ「拉致」

金元死刑囚と面会後、会見する(左から)市川健一さん、増元照明さん、飯塚繁雄さん、有本明弘さん=東京都千代田区で2010年7月22日、西本勝撮影 115人が死亡した大韓航空機爆破事件(87年)の実行犯で、北朝鮮の元工作員、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚(48)の初来日。日韓両国の思惑が一致し、超法規の入国となったが、金元死刑囚の口からは新事実は語られなかった。「拉致に関する新情報や北朝鮮の説明を覆すような情報を」と期待する拉致被害者家族の思いも果たされなかった。それでも「必ず生きている」との言葉に勇気づけられ、家族らは拉致問題解決に希望をつないだ。

 ◇被害者大半と「面識ない」
 22日午後、東京都内のホテルで開かれた拉致被害者6人の家族との面会。金元死刑囚は「生きてますよ、希望を持って」と繰り返し語りかけた。家族は面会後の記者会見で「金さんの言葉に励まされた」「来日によって拉致問題解決の道が開ける」などと喜んだ。

 拉致被害者のうち金元死刑囚と面識があるのは田口八重子さん(行方不明時22歳)と横田めぐみさん(同13歳)。2人の家族は20、21日、長野県軽井沢町で面会し、北朝鮮での暮らしぶりを聞き、力づけられた。金元死刑囚からは300人近い特定失踪(しっそう)者の中に「見たことがある人がいる」との新情報も提供された。だが22日の面会では、2人以外の日本人拉致被害者については「見聞きしたことがない」と説明を翻したという。

 拉致被害者家族会などが長年望んでいた金元死刑囚の来日だったが、拉致被害者の消息に関する新たな証言は得られなかった。それでも有本恵子さん(同23歳)の母嘉代子さん(84)は「87年以降の様子は分からないと思うが、拉致された人たちのために役に立ちたいという思いが伝わった。『生きてますよ』という言葉を信じたい」、市川修一さん(同23歳)の兄健一さん(65)は「『希望を持ってください』と何度も言われ、すごくありがたく言葉を受け止めた」と話した。

 だが一方で、支援団体からは、来日や政府の姿勢に対する批判や疑問の声も聞こえる。支援団体幹部は「警察の事情聴取や特定失踪者の家族との面会が行われなかった。なんのための訪日か疑問だ」とブログに書き込んだ。「特定失踪者問題調査会」代表の荒木和博・拓殖大海外事情研究所教授は「せっかく膨大な労力をかけて情報収集のために彼女を呼んだのなら、明確な成果を出さなければ意味がない。救出のための情報収集なのだから」と指摘する。

 中井洽拉致問題担当相は22日の会見で、田口さんについて「6、7年前まで元気でいたという情報に接している」と述べた。この発言に対して、田口さんの兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(72)は「情報を精査し政府として自信を持った報告をお願いしたい」と望んだ。

 飯塚さんは「『絶対生きていますよ』と話す場面が何十回もあった。彼女がそこまで言うのは相当な確信を持っているから。来日をきっかけに、日本政府にさらなる情報収集に当たってもらいたい」と今後に期待を寄せた。【合田月美、袴田貴行】

 ◇「パフォーマンス」政府に批判も
 来日1週間前の13日。中井洽拉致問題担当相は会見で「金さんは観光旅行で来るのではない。横田さんご夫妻に面会していただくこと。そして、国民に強い憤りを感じてもらうためだ」と述べ、来日の目的は拉致被害者の情報提供と世論の喚起だと強調した。

 韓国政府への来日要請が本格化したのは、昨年9月の政権交代からだ。来日には拉致問題解決に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。5月来日で計画が進められた際には、野党から「参院選に向けたパフォーマンスだ」と攻撃された。

 一方、韓国政府関係者は「李明博(イミョンバク)大統領が北朝鮮の人権問題を重視していることの表れだ」と指摘する。李大統領は08年、日本などが国連に共同で提出した北朝鮮の人権決議案に提案国として初めて参加。昨年3月には、金元死刑囚と田口さんの家族を面会させた。

 韓国政府関係者は「8月は日韓併合から満100年で、また難しい時期に入る。今なら韓国海軍哨戒艦沈没事件を巡る日本の支援へのお礼とすることも可能」とタイミングの良さを指摘する。21日にはソウルで米韓外務・国防担当閣僚会議が開かれ、対北朝鮮政策が協議された。大韓航空機爆破事件の「生き証人」である金元死刑囚の訪日は、日程的にも日米韓の結束を北朝鮮に示す好機となった。

 日韓政府それぞれの思惑で実現した来日だが、新事実は語られなかった。来日が北朝鮮を過度に刺激し、今後の日朝交渉の妨げになると懸念する声も上がる。

 自民党の谷垣禎一総裁は22日の会見で「VIP待遇で前首相の別荘に泊めるなど、パフォーマンスとしか言いようがない。国際的にも、日本はテロをどう考えているのか理解を得られないのではないか。極めて疑問が多い」と批判した。

 偽造旅券使用で偽造公文書行使の疑いがある金元死刑囚。ある警察幹部は「タラップを降りた途端に逮捕されてもおかしくない人物がVIP用ゲートから入国する。政治とはいえ納得がいかない」とこぼす。【西岡省二、合田月美、ソウル西脇真一】

==============

 <北朝鮮による拉致事件を巡る動き>

 ※名前のみは政府の認定拉致被害者の拉致時期

 ※※年齢は行方不明時

77年 9月 久米裕さん(52)

   10月 松本京子さん(29)

   11月 横田めぐみさん(13)

78年 6月 田口八重子さん(22)

     〃 田中実さん(28)

    7月 地村保志さん(23)・富貴恵さん(23)夫妻=79年に結婚

     〃 蓮池薫さん(20)・祐木子さん(22)夫妻=80年に結婚

    8月 曽我ひとみさん(19)、母ミヨシさん(46)

     〃 市川修一さん(23)、増元るみ子さん(24)

80年 5月 石岡亨さん(22)、松木薫さん(26)

    6月 原敕晁さん(43)

83年 7月 有本恵子さん(23)

88年 1月 米国が北朝鮮をテロ支援国家に指定

90年 4月 金賢姫元死刑囚が大韓航空機爆破事件で特別赦免。日本人教育係「李恩恵」の存在が明らかに

91年 5月 警察庁が李恩恵を田口さんと特定

97年 2月 めぐみさんの拉致疑惑が国会などで表面化

    3月 拉致被害者家族会結成

    5月 警察庁がめぐみさんらの拉致認定公表

02年 9月 当時の小泉純一郎首相が訪朝。北朝鮮が拉致を認め「5人生存、8人死亡」と伝える

   10月 地村さん夫妻、蓮池さん夫妻、曽我さんが帰国

04年 5月 蓮池さん、地村さんの子供5人が帰国

    7月 曽我さんの夫と子供2人が来日・帰国

06年 5月 めぐみさんの父滋さんが訪韓、めぐみさんの夫の家族と面会

08年 6月 北朝鮮が拉致問題の再調査開始に同意

    9月 北朝鮮が首相交代を理由に再調査の先送り表明

09年 3月 田口さんの家族が訪韓。金元死刑囚と面会

10年 7月 金元死刑囚来日。拉致被害者家族と面会

http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100723ddm003040103000c.html

ダントンです。先週の記事ですが金賢姫元死刑囚
の訪日に対しての検証記事です。
なかなか良い記事だと思います。
特に賛否両論から意見をまとめている点が評価できます。
しかし、ご家族の気持ちは分かりますが支援団体関係者からも
訪日に疑問の声が出ているのですからこのブログが指摘してき通り
大きな問題点があると思わざる得ません。




夫・金大中とともに 苦難と栄光の回り舞台
朝日新聞出版
李 姫鎬

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夫・金大中とともに 苦難と栄光の回り舞台 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎日新聞の検証記事(金賢姫元死刑囚、新事実語らず 待望一転、進まぬ「拉致」) ダントンさんのブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる